和歌山県スポーツチャンバラ協会

お知らせ

-2017年3月以降のスケジュール-


3月26日(日)11:00~16:00
本願寺鷺森別院(和歌山市鷺ノ森1)及びその周辺で開催される「第13回孫市まつり」内にて、体験スペースを設置し体験会を行います。

6月11日(日)13:00~14:00
十三番丁道場にて、第13回段位審査会を行います。

7月2日(日)10:00~16:00
有田川町立 吉備中学校体育館(有田川町下津野1223-1)にて、第13回和歌山大会を開催します。
 ※大会要項、参加申込書はこちら(Word)


 協会会報「和剣」バックナンバーはこちらから(PDF)


活動報告

 

 孫市まつりで体験会を行いました

 26日の日曜日、「第13回孫市まつり」鷺森別院で開催されました。

 スポーツチャンバラの参加も恒例となっています。遠くは橋本から来たという小学生や、年少さんの参加もあり賑やかな体験会となりました。武者姿の剣士や、ゆるキャラ剣士が飛び入り参加すると、見物客から大きな拍手がわき、一斉にカメラが向けられました。参加者からは一応に、「面白かった」との声が聞かれました。11時から始まったチャンバラですが、2時過ぎから雨がぱらつき出し、まだ、やり足りなそうな子供たちがたくさんいて、申し訳なかったのですが、やむなく撤収となりました。

 コートの設営に協力していただいた、皆さんに協会より御礼申し上げます。

かつらぎ町で体験会を行いました

 去る平成29年2月5日日曜日に「第14回こおるどフェスタin紀北」というイベントが、かつらぎ町の紀北青少年の家で開催されました。
 当県協会は「スポーツチャンバラ体験会」を体育館で行いました。
 あいにくの雨模様、しかも寒い日でしたが、年少さんから、お母さん、初老の紳士まで大勢が飛び入り参加し剣を交えました。
 9時から17時まで忙しい一日となり、他の催しに協会員は参加出来ませんでしたが、火縄銃、太鼓、産直市場、手品、木工、お風呂などなど、目についただけでも沢山のコーナーが設けられ、イベントは盛況でした。
 

 本町通りで体験会を行いました

 10月29日、ハロウィンと吉宗将軍就任300年等で賑わいます「わかやま街歩コ」イベントに当協会も参加し、体験会を行いました。

沢山のご参加くださいました皆様、並びに講師としてご協力くださいました有朋館の皆様へ心より感謝申し上げます。

 有田川町で大会を開催しました

 平成26年10月10日有田川町の吉備中学校体育館において、第1回総合型クラブ有田川スポーツチャンバラ大会が開催されました。
 以前、チョウリンピックとして開催されていた大会が、新たな装いで始まりました。約30名の選手が参加し、熱戦が繰り広げられました。
 大会に先立ち、スポチャン体験会が行われました。チャンバラ協会の先生方が、幼年から大人までの参加者に、小太刀や長剣の持ち方、攻撃の仕方、守り方、最終的には対戦ができるようになるまで懇切丁寧な指導を行いました。

 午後から、いよいよ試合が始まり、個人戦、団体戦、サバイバル(全員が敵となり戦い、最後に残った者が勝者となる競技)戦などが行われ、あちらこちらで声援と歓声があがりました。
入賞者とフェアプレー賞を手にした選手たちの満足そうな笑顔はもちろんですが、賞を逃した選手たちも、皆が「楽しかった」という大会でした。

 ぶらくり丁で体験会を行いました

7月30日、恒例となった「キッズ商店街inぶらくり丁」が、ぶらくり丁商店街で開催され、スポーツチャンバラも初参加し体験会を行いました。

午前10時から午後4時まで商店街の通路にマットを敷き詰め、特設道場が作られ、多くの子どもたちが参加しました。
親子対決と称した対戦も行われ、おおきな盛り上がりを見せました。小太刀での攻撃や守りを習ったあとは、個人戦、サバイバル(みんなが敵となって戦う集団戦)と盛りだくさんのメニューで、子どもたちが喜々として、清々しい汗を流した30分(1ラウンド)でした。
満足の笑顔で溢れた体験会となり異口同音に「楽しかった」と話していました。暑い中、合計
12ラウンドは大変でしたが、大人も子供も楽しい体験会となりました。

 第12回和歌山大会を開催しました

6月12日、有田川町立きび体育館にて第12回和歌山大会を開催しました。
以下、福森会長のコメントです。

「去年は、国体デモンストレーション競技と県大会を兼ねて開催しましたので、県内の選手のみが参加するクローズの大会でした。他府県の皆さんとお会いするのは、二年振りでしたが第12回和歌山県大会を十分楽しんでくれたようでした。

講評をお願いした久保先生(※大阪スポーツチャンバラ協会 副理事長)から、和歌山県選手が高いレベルにあるとの評価を得ました。お世辞もあるでしょうが、選手の皆さんが、他府県に後れを取らず自信を持って精進できることを確認できた、大会となりました。

選手の皆さん、審判の先生方、大会準備を手伝ってくださったスタッフの皆さん、改めて御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。」

第12回大会成績一覧表はこちら

 孫市まつりで体験会を行いました

 3月27日、和歌山市鷺ノ森での『第12回孫市まつり』内で体験会を行いました。
小雨の降る中で始まりましたが、次第に天候も回復。例年に劣らず沢山の人に参加していただくことが出来て、活気のある体験会となりました。

今年も体験会の進行には、大阪府泉南市・有朋館にご協力をいただきました。
有朋館の皆様、参加者の皆様にお礼申し上げます。

有田川町で大会を開催しました

10月12日、有田川町の吉備中学校体育館にて第8回ありだがわチョウリンピック2015スポーツチャンバラ大会を開催しました。参加選手は幼年から一般まで28名。

スポーツチャンバラは初めてという選手が多数の中、10時に開会式。午前中は、午後からの試合を想定しながら様々な練習に汗を流し、選手間の交流を深めました。
午後1時より試合を開始し、小太刀による個人戦やサバイバル、団体戦等を行いました。

試合が進むに連れて観客も次第に増え、会場は熱気に包まれ大いに盛り上がりました。

 国体デモスポ大会を開催しました

9月20日、有田川町立吉備中学校体育館にて第70回国民体育大会2015紀の国わかやま国体デモンストレーションスポーツ、スポーツチャンバラ大会が行われました。
県内各地から集まった選手は、幼稚園児から一般まで総勢84名。団体戦には15チームがエントリー。

9時30分から開会式が始まり、開催地である有田川町長の挨拶、選手宣誓等の後、白岩丹生神社獅子舞保存会の方々により獅子舞が披露されました。

開会式終了後に競技はスタート。小太刀・長剣・サバイバル・団体戦の各種目で、観客の声援を背に試合が展開されました。時に感動の涙を流す観客の方も見受けられるほど、何れも躍動感あふれる素晴らしい試合の数々でした。
全競技終了後の15:00から閉会式となり、有田川町長より入賞者へ賞状とメダルが手渡されました。

和歌山県協会が数年に渡って準備を進めてきた今大会は、無事に一人の怪我もなく大成功を遂げることが出来ました。多大なご協力をいただいた有田川町関係者の皆様、参加者・観客の皆様に深く感謝申し上げます。           
 ※入賞者一覧はこちら 

 合同強化練習を行いました

8月16日、和歌山県立武道館において、国体出場者を対象とした強化練習を実施しました。
県内の各教室等から選手30名が参加。礼法の徹底、基本動作、対戦等の練習メニューをこなし、締めくくりに10チーム対抗の団体戦を行いました。
9月20日の大会当日に向けて、大変有意義な合同強化練習となりました。
 

 有田川町で交流会を行いました

 7月25日、有田川町のきび体育館にて県内5支部による交流会を行い、選手・講師・保護者合わせて約70名が参加しました。
前回同様、全員での練習の後に館内を練習会場と試合会場に分け、大会を行いました。
9月のわかやま国体で予定しているクラス分け及び種目による試合でしたが、皆が前回の交流会よりも上達していることが実感できるものでした。また、礼に始まり礼に終わる、がきちんと実践されていることが印象的でした。
9月の本番に向けて交流を深めることが出来ました。

 有田川町で体験会を行いました

 7月1日14時50分~16時、有田川町の町立小川小学校にて体験会を行いました。
参加した30名の小学生は、スポチャンの名前も聞いたことがない、超の付く初心者ばかり。
基本の打ち方や護り方をひと通り指導した後、個人対戦やサバイバル等を体験してもらいました。初めてスポチャンを体験するにも関わらず全員が大きな声を出し、思い切りのある動作、常に笑顔で楽しんでくれている様子等、指導者側の印象に残りる体験会となりました。
(今回の写真はありません)
 

 有田川町で交流大会を開催しました

5月23日13時~17時、有田川町のきび体育館において、国体に向けての第一回交流大会を開催しました。
幼年から一般まで30名が参加し、部門は小学校低学年・小学校高学年・中高一般。
全員での練習の後に館内を練習会場と大会会場に分け、大会を開始しました。基本動作や対戦の他にもバランスゲームや早打ち等を競い合い、ポイントの高かった3名に金メダルを授与、またフェアプレイ賞を1名選出しました。
第二回は7月25日に開催を予定しています。